ヨゼフ・ヤクブキエヴィチ

ヨゼフ・ヤクブキエヴィチ氏は1892年ロシア生まれのポーランド人医師であり、
地域社会活動家でもありました。

彼はアンナ・ビエルキエヴィチ氏とともに『ポーランド救済委員会』を設立し、
孤児救済活動の後は、母国へ帰還した子どもたちが生活のする施設の設立責任者となりました。

またヨゼフ氏は、ポーランドのグディニャに国内初となる海洋・熱帯医学研究所を設立しました。
さらに、偵察活動を積極的に支援し、「Hufiec Syberyjski(シベリア軍)」と呼ばれる最初のポーランド海洋偵察部隊を設立しました。

ヨゼフ氏は医学に関する本も複数執筆していましたが、
同時に日本の騎士道法典に関する本も1937年に出版しました。

その後1953年7月9日にウッチで亡くなりました。