日本・ポーランド国交樹立100周年記念
切手原画展

<企画概要>

2019年の日本・ポーランド国交樹立100周年を記念し同年、ヴロツワフ美術大学とポーランド郵政局によってシベリア孤児に関するデザインコンテストが開催されました。

同コンテストで入賞したイラストが福田会の名前の入った切手に、入選した3つのイラストがポストカードの絵柄に採用され、
同年9月30日にポーランドで発行されました。

切手に採用されたのは、ヴロツワフ美術大学のヴィクトリア・コステルスカさんによる作品です。


日の昇る国=希望を表すシンボルとして背景に日本国旗が用いられ、
手前には幸せを運ぶ鳥としてポーランドで有名なコウノトリが、日本の伝統である折り紙で折られたようにデザインされています。

展覧会では、ポーランドで発行された切手及びポストカードの実物や、
50点余りのコンクール応募作品をご覧いただけます。

日本とポーランドの各地に巡回予定です。
ぜひお立ち寄りください!

<展覧会開催情報>

長崎県長崎市

ナガサキピースミュージアム

2021.04.20~05.16

東京都豊島区

切手の博物館

2021.04.09~04.11

福井県敦賀市

人道の港敦賀ムゼウム

2021.02.04~02.14

福井県敦賀市

福井県立敦賀高校

2020.12.21~25

福井県敦賀市

きらめきみなと館

2020.11.03